幼児のピアノ・エレクトーン レッスン

対象 5才 ~ としてますが・・・

特に、ピアノに興味を示す子供さん以外は、
幼稚園年中さん(5才のお子さん)は、まだ集中力がないので、
同じことをやっていると、あきてしまいます。
30分の時間内で、ピアノを弾いて、
ソルフェージュ(歌ったり、音を聴いてあてたり)をやって、
まあるい大きなおんぷを書いてみます。
カスタネット、すず、タンバリンを使って、
リズム的なことから、リトミック的なレッスンをやったり、
いろいろ変化をつけてます。

ピアノに興味を示すお子さんだと、
ピアノの教則本を弾いて、
ソルフェージュをやって、というレッスンができます。
そのほか、わらべうたで、手あそびしたりしてます。


 

 

 

幼稚園年長さんで始めると、

かなり集中力がついているので、ピアノを弾いて、
最後にソルフェージュというレッスンができるようになります。
この年令ではじめたお子さんは、長続きすることが多いです。

 

 

使っている教材

さいしょの2か月くらいは、教則本は使いません。
この子供さんだったら、こんな教材でやってみようかと、
例えば、アルフレッド 導入:レッスンブック レベル A

 

だいすきドレミ など。


2か月の間は様子を見つつ、
その間は、手書きの楽譜やドリルを用意して、
黒い鍵盤と白い鍵盤で遊んでもらったり してます。

 

 

 

サイトマップ  

Posted by child music